Skip to content

カテゴリー: 未分類

オリゴ糖を摂ることで効果アップ

オリゴ糖は、ビフィズス菌の栄養分になってくれます。そして、体内に摂取してからも、ビフィズス菌とは違って、胃や小腸などで消化されにくいといった特徴があるため、大腸にまでしっかりと届くのです。ですので、このようなことから、オリゴ糖の摂取は便秘改善に効果が期待できます。ただし、市販されているオリゴ糖を多く含む食品の場合、純度が低い一方でカロリーが高いものがあるので、注意が必要です。

そこで、便秘を解消するためにオリゴ糖を摂取する場合、おススメとなるのが「ラフィノース」という種類です。この「ラフィノース」は、オリゴ糖の中でも特に体内に消化されにくく、カロリーが低いことも特徴なので、体重が気になる女性にはありがたい存在とも言えます。それでは、ビフィズス菌とオリゴ糖の摂取の仕方を見ていきましょう。

前述の通り、オリゴ糖はビフィズス菌の栄養分になってくれるため、それぞれ別々に摂取するよりは、同時に摂取した方が便秘対策には大きなパワーを発揮します。今、市販されているヨーグルトの中には、はじめからオリゴ糖がいっしょに含まれているものも多くあるので、より高い便秘対策の効果を得たいのであれば、こうしたタイプのヨーグルトを摂取されることをおススメします。

ビフィズス菌のはたらき

人間の腸の中には様々な細菌が生息していて、体に良い働きをもたらせてくれるのが善玉菌、体に悪い働きをもたらせてしまうのが悪玉菌と言われています。その善玉菌の代表がビフィズス菌なのですが、糖や食物繊維が栄養分となり増殖していきます。ビフィズス菌は悪玉菌の増殖を防いでくれる働きがあるのですが、それは具体的にどんな働きから起こっているのでしょうか。

ビフィズス菌は、乳酸や酢酸といった有機酸を生み出してくれるのですが、この酢酸には強力な殺菌の働きを持っており、腸の中で悪玉菌の繁殖を抑えることで悪玉菌よりも善玉菌が優勢な状態にしてくれ、腸内環境の悪化を防いでくれているのです。

腸内環境が整えられれば、便秘改善はもちろんのこと、免疫力がアップし、そして美肌作用やコレステロール値の低下などにパワーを発揮してくれるため、特に女性にはありがたい存在であると言えます。

ビフィズス菌は主に市販のヨーグルトなどに含まれている場合が多く、継続させて摂取することが理想とされています。ヨーグルトは食べるタイプのものと飲むタイプのものなどがありますが、ご自分の生活スタイルに合わせて使い分け、続けることを意識することが重要です。

しかし、実際のところ、一般的なヨーグルトに含まれているビフィズス菌は、そのほとんどが大腸に到達する前に死滅してしまいます。そこで、注目したいのがオリゴ糖の存在です。

便秘の原因

便秘には多種多様なものがあり、その原因や症状は大きく分けると6つあります。それでは具体的にみていきましょう。

まず1つ目が食物繊維不足による場合です。我が国では、今から約70年前の終戦時に比べ、1日あたりに摂取している食物繊維の量が約半分にまで激減しています。この食物繊維不足が便秘の一つの原因になっているのですが、日本人にとっては一番多い便秘原因です。2つ目が運動不足による場合です。人間は運動を行なうことによって排便の際に必要な筋肉が鍛えられるわけですが、運動不足だとこの筋肉が鍛えられず、また自律神経の乱れにもつながってしまい、便秘の原因になってしまうのです。

3つ目がストレスによる場合です。精神的にストレスを受けてしまうと大腸が痙攣してしまい、便がウサギのうんちのようにコロコロになり、やがて排便が困難になってしまいます。4つ目が水分不足による場合です。排便の際、身体にとって水分は非常に重要な要素です。ですので、水分が体内に不足してしまうと、便秘の原因につながってしまいます。便秘になってしまうと、さらに体内の水分が奪われていってしまい、排便が難しくなるのです。

5つ目が病気や薬の副作用による場合です。病気によっては便秘につながってしまう疾患があり、また、服用すると副作用として、便秘を引き起こしてしまう薬もあるので、医師の指示に従い、ただしい処置を行なうようにしましょう。そして、最後の6つ目が腸内環境の悪化による場合です。便秘になると、腸内環境が悪化してしまい、お肌にも悪影響を与えてしまいます。腸内には善玉菌と悪玉菌があり、悪玉菌の繁殖が腸内環境の悪化につながってしまいますが、善玉菌の繁殖は便秘改善につながります。この善玉菌の一つがビフィズス菌であり、ビフィズス菌を増やしてくれるのがオリゴ糖なのです。