Skip to content

便秘の原因

便秘には多種多様なものがあり、その原因や症状は大きく分けると6つあります。それでは具体的にみていきましょう。

まず1つ目が食物繊維不足による場合です。我が国では、今から約70年前の終戦時に比べ、1日あたりに摂取している食物繊維の量が約半分にまで激減しています。この食物繊維不足が便秘の一つの原因になっているのですが、日本人にとっては一番多い便秘原因です。2つ目が運動不足による場合です。人間は運動を行なうことによって排便の際に必要な筋肉が鍛えられるわけですが、運動不足だとこの筋肉が鍛えられず、また自律神経の乱れにもつながってしまい、便秘の原因になってしまうのです。

3つ目がストレスによる場合です。精神的にストレスを受けてしまうと大腸が痙攣してしまい、便がウサギのうんちのようにコロコロになり、やがて排便が困難になってしまいます。4つ目が水分不足による場合です。排便の際、身体にとって水分は非常に重要な要素です。ですので、水分が体内に不足してしまうと、便秘の原因につながってしまいます。便秘になってしまうと、さらに体内の水分が奪われていってしまい、排便が難しくなるのです。

5つ目が病気や薬の副作用による場合です。病気によっては便秘につながってしまう疾患があり、また、服用すると副作用として、便秘を引き起こしてしまう薬もあるので、医師の指示に従い、ただしい処置を行なうようにしましょう。そして、最後の6つ目が腸内環境の悪化による場合です。便秘になると、腸内環境が悪化してしまい、お肌にも悪影響を与えてしまいます。腸内には善玉菌と悪玉菌があり、悪玉菌の繁殖が腸内環境の悪化につながってしまいますが、善玉菌の繁殖は便秘改善につながります。この善玉菌の一つがビフィズス菌であり、ビフィズス菌を増やしてくれるのがオリゴ糖なのです。