Skip to content

ビフィズス菌のはたらき

人間の腸の中には様々な細菌が生息していて、体に良い働きをもたらせてくれるのが善玉菌、体に悪い働きをもたらせてしまうのが悪玉菌と言われています。その善玉菌の代表がビフィズス菌なのですが、糖や食物繊維が栄養分となり増殖していきます。ビフィズス菌は悪玉菌の増殖を防いでくれる働きがあるのですが、それは具体的にどんな働きから起こっているのでしょうか。

ビフィズス菌は、乳酸や酢酸といった有機酸を生み出してくれるのですが、この酢酸には強力な殺菌の働きを持っており、腸の中で悪玉菌の繁殖を抑えることで悪玉菌よりも善玉菌が優勢な状態にしてくれ、腸内環境の悪化を防いでくれているのです。

腸内環境が整えられれば、便秘改善はもちろんのこと、免疫力がアップし、そして美肌作用やコレステロール値の低下などにパワーを発揮してくれるため、特に女性にはありがたい存在であると言えます。

ビフィズス菌は主に市販のヨーグルトなどに含まれている場合が多く、継続させて摂取することが理想とされています。ヨーグルトは食べるタイプのものと飲むタイプのものなどがありますが、ご自分の生活スタイルに合わせて使い分け、続けることを意識することが重要です。

しかし、実際のところ、一般的なヨーグルトに含まれているビフィズス菌は、そのほとんどが大腸に到達する前に死滅してしまいます。そこで、注目したいのがオリゴ糖の存在です。